贈りもので喜ばれるステキな花、胡蝶蘭についてやさしく解説
胡蝶蘭ナビについて

誕生日、長寿、開業のお祝いといったときの贈り物ギフトとして人気の高い祝い花である胡蝶蘭。ネット通販で購入する前に知っておいてほしい注意点、手入れの方法についてのアドバイス。当サイトの情報が少しでも参考になれば幸いです。

胡蝶蘭でよくある質問 BEST3
胡蝶蘭のお値段ってどれぐらいなの?

ゴージャスでセレブ的イメージのある胡蝶蘭ですが、その価格は種類や大きさによってまちまちです。胡蝶蘭にかかわらず物の値段は、仕入れ時はだいたいどこでも同じくらいのことが多くあります。

ただ、小さな町の花屋さんで素朴に売られている場合と、都会の真ん中高級繁華街で売られているのでは価格がずいぶんと違ってきます。胡蝶蘭は用途に合わせ、価格を決め購入することをおすすめします。

胡蝶蘭は、法人用ギフトとして開店・開業祝、就任、栄転祝いなど、また個人では新築祝いや還暦・長寿祝い、誕生日などのギフトに、ご進物などにも使われます。家庭で楽しむ胡蝶蘭も含めその相場を見てみましょう。

贈り物の相場はその関係によって変わってきます。
開店・開業祝いでは、友人であれば1~3万円、兄弟姉妹、両親なら2~5万円、取引先の場合は1~5万円。

就任、栄転祝は友人や親戚であれば5千円~1万円、兄弟であれば1~3万円、取引先で個人でのお祝いでは3千円~1万円、部や課単位であれば1万~3万円です。

新築祝いは親や親戚1~5万円、兄弟は1~3万円、勤務先の同僚5千~1万円。

還暦・長寿祝いお祝い品の金額の目安は、両親2万~3万円

祖父母1万~2万円、親戚5千~1万円を目安にします。

胡蝶蘭をギフトとして贈る場合、金額が5千円~1万円までではミディタイプのものが種類が豊富です。大輪胡蝶蘭は1万円から、奇数の本数を立てるのが一般的です。用途に合わせてお花を選びましょう。
インターネット上では産地直送の胡蝶蘭が販売されていることもあり、価格が抑えられている場合が多いようです。上手に利用しましょう。

胡蝶蘭の花言葉って知っていますか?

花言葉を知っていますか?胡蝶蘭(ファレノプシス)の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。白色の胡蝶蘭なら「変わらぬ愛」「清純」、ピンク色ならば「あなたを愛します」です。

お花を贈るとき、なにかメッセージを伝えたいときそっとこの花言葉を添える。そんな心遣いが、先方様にもきっと喜ばれることでしょう。また胡蝶蘭は誕生花として「1月17日」の花とされています。(白の胡蝶蘭は1月15日、ピンクは12月26日ともいわれています)

花言葉とは、草や花に当てはめられた合言葉や象徴的メッセージのことです。草花の印象にを通じて、お互いの感情を伝えあう手段として生まれました。。

花言葉や誕生花は、本やインタネット上でもまったく違う花が割り当てられていることに気づくことがあります。それは、国や民族によって、歴史も宗教もまた伝承や文化、風土と多くの違いが見受けられるように、その地域独特の花言葉が存在するためです。

そのため、花言葉は一般の人たちにはほとんど普及はしていないようです。代表的なものとしてバラやカーネーションは「愛」や「愛情」、水仙は「ナルシスト」、わすれなぐさは「わたしを忘れないで」などが有名です。また、ブルースターには「幸福」「信じあう心」の意味があります。

結婚式に新婦が身に着けると幸せになれる4つのシンボル※の中にSomething Blue(なにか青いもの)があります。ブーケに入れる花にブルースターを選ばれる方が多いのもうなずけます。

葬儀や法事のときはどんなお花を贈ればいいのか?

葬儀や法事法要のときは胡蝶蘭と違う花を贈るほうが良いと思いますが、どれぐらいの金額のお花をどのタイミングで贈ればいいのか?というのはわからない方も少なくありません。 そんなときは法事・法要のマナーについて書かれているホームページをチェックしてみましょう。失敗すると親族とのトラブルにも発展する場合があるので間違いは許されないところでもありますしね(^^

Copyright (C) 胡蝶蘭ナビ 【 胡蝶蘭のお祝い・ギフト通販など 】. All rights reserved